水道業者との工事に関するトラブル

水道業者との工事に関するトラブル 専門家でないと分からないことも多い水道工事を行うにあたって、専門知識のない人であれば、自分ではどうすれば良いのか分からないというのは当然といえます。その結果、悪質な専門業者とトラブルになってしまったというケースも少なくありません。専門業者とトラブルになったときにどう対応するかはもちろん、未然にトラブルを防ぐということも考えるべきです。水道工事業者とどういったトラブルになるかを知り、避けるためのポイントについても知っていきましょう。

■業者への依頼で気をつけるべき事

なぜ、水道業者とトラブルが発生してしまうのか、それは複数の業者で工事を検討していないのが理由の一つになります。口コミやホームページなど、参考になる情報はくまなく確認しておきましょう。さらに、指定工事店を選択するのも安心できる理由になります。質の高い仕事をしてくれるとともに、適正な費用であるのが大きな特徴となります。費用面における注意点は最低金額を紹介していることです。料金の詳細を分かりやすく明示している業者の方が安心です。これらのことを考慮したうえで専門業者を選択しましょう。
さらに、1社に見積もりをお願いしても、それが適正な価格なのかどうかは判断できません。事前の調査より高く感じた場合、別の会社に見積もりをしてもらい、料金を比較してみましょう。3社、4社と複数社に分けて見積もりを依頼するケースもありますので、各社の内訳は保管しておきます。料金的なところはもちろん、ちゃんとした専門業者を選択すれば、工事の詳細、原因から施工について詳しく説明してもらった上で納得した契約を結べます。予定になかった部品交換が行われるといったトラブルもあり得ますので、契約書は十分に確認した上でサインしましょう。

■実際にあった水道業者と契約者間のトラブル
水道業者と工事を巡ったトラブルで代表的なのが、基本料金よりも大幅に高くなることです。ホームページなどに基本料金が表示されているものの、オプションの追加により、当初予定していた基本料金を超えて請求されてしまうケースです。中には圧力をかけられ、拒否できないような状況もあるようです。不安を感じてそのまま契約をしてしまうと大きな損をしてしまうことになるため、契約の段階で信頼性の調査は非常に大切になります。
ほかにも、素人目には判断のつかない不要な部品の交換が行われ、余計に料金が高くなるという場合もあります。そのような事態を防ぐ意味でも、複数社に相談するのが大切です。

■トラブルに発展した場合の対応

いかにトラブルを未然に防ぐかを考えるべきであるものの、すでに水道業者との間でトラブルまで発展してしまった場合は、まず消費生活センターに相談をしてみましょう。納得のできないサービスや料金、施工内容など状況を伝えると、その後に取るべき手段を教えてくれます。
悪質な専門業者は消費者が専門的な知識を有していないことを利用してきます。どうにもできないと決めつけるのではなく、消費生活センターに相談して対応を考えるべきです。

■まとめ
水道業者と工事に関する揉め事にならないようにするポイントは、専門業者の選択、そして見積もり依頼をするときです。この2つを問題なく対応した場合はトラブルを防ぐことができます。安易に契約書にサインをしてしまうと、契約が成立してしまうため、注意しないといけません。また、実際にどういったトラブルがあったかを事前に把握しておけば、おかしいと思った場合に冷静に対処ができるでしょう。もしもの場合は消費生活センターに相談すれば、今後どういった対応をすればよいかを教えてくれます。失敗したと思って安易に諦める必要はありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース